マゴリア産の魚を砂漠バフ入れて売ってみました【黒い砂漠Part1041】

マゴリア産の魚を持ち帰ってきてバレンシアで売ってみました。
気になる点は砂漠バフがかかるのかどうか、そして距離ボーナスどんくらいか。
それによってはベリアを卒業する日が来るかもしれませんものね。

%e3%83%9e%e3%82%b4%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%94%a3%e3%81%ae%e9%ad%9a%e3%82%92%e7%a0%82%e6%bc%a0%e3%83%90%e3%83%95%e4%b9%97%e3%81%9b%e3%81%a6%e5%a3%b2%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%81%9f

まずは距離ボーナスです。
マゴリア産といっても、どのマゴリア海域かで距離ボーナスが変わります。
未発見のマゴリア海域のものならば、拠点未接続で30%価格になっちゃいますし。

んでまぁ、どのマゴリア産かはわかりませんが、122%と135%の距離ボ乗りました。
そしてアマダイなんかは相場108%で163k超えてます。
砂漠バフ入ってますね。

一般貿易品ではどうかわかりませんが、魚については砂漠バフかかるようです。
そんでここに交渉ボーナスを追加して売れば結構な額が期待できますな。
実際に交渉ボーナスのせたSSは撮影忘れました。

そのうちインベフルに釣ってから改めて紹介予定。
とりあえずあっちで釣ってバレンシアで売るのはアリかもですねー。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。