【A】堕天使アイクス・シュルベルト(異世界来訪最強)【オリジナルSS / 短編未完】

【題名】堕天使アイクス・シュルベルト
【作者】おれんじ
【話数】19話未完
【評価】1部A 2部C
気付いたらネトゲ風味な場所に転移した、と思われる記憶喪失な主人公。
ガイド妖精さんに導かれ木の棒一本でチュートリアル開始。
ところが最初の雑魚MOBに倒されてやる気を失う主人公。

チュートリアル終わったら生き返りが無しと知った彼は、
そのままチュートリアルを終わらせずにこの世界で生きることを決心しました。
そんな感じで異世界でガイド妖精やら現地の土妖精(11歳)を侍らせるお話。

ちなみに主人公の職業は商人で鉱石の鑑定とかが得意。
ココまでの話のどこにも最強系の要素全くないですが、きっと何か起きるんです、ハイ。
とゆーことで、とりあえず5話くらいまで読んでみるのがオススメです。

 

———-以下若干のネタバレ注意———-

 

元はNPC的な存在だったガイド妖精が、主人公との触れ合いで自我に目覚めたよーです。
ガイド妖精と仲の良い気軽な口喧嘩をしながら日常を過ごす話、かと思いきや早々に事件勃発。
11歳のロリ妖精が怪我しちゃって、それを治療するにはチュートリアルをクリアする必要が。

そうなればガイド妖精はお役目御免になり、会話することも見ることも出来なくなる。
だというのに、ガイド妖精と別れ、1人で挑めばクリア率0%なダンジョンに挑む主人公。
とゆーのが4話目までの話。

話飛んで10話目辺りでチュートリアル終わって世界に乗り出します。
チュートリアル終了までで読了するのが、きっと一番いい読み方。
そっから先は全てが完結したらまたどうぞ。(作者失踪なう)

コメント