【B】荒川アンダーザブリッジ【中村光 / 全15巻完結】

人様に借りを作らない主義な財閥のご子息様が、命を救われ大きな借りを作っちゃいました。
命の恩人は川の橋の下に住んでる女の子。
借りを返すべく家を提供しようとか思っても、私は金星人とか主張して川で魚獲ってる。

さてさて困った主人公。
どうにかして恩返しをしたいと申し出ると、彼女は言いました。
「私に恋をさせてくれないか」

そんなこんなで主人公の青年が、荒川で変な人たちに囲まれて生活する話です。

1:自称金星人の女の子。
2:自称河童の村長。(着ぐるみ)
3:白線の上しか歩かない主義で家に6年帰ってないオッサン。
4:頭に星の被り物してる人。
5:顔に傷のある銃を乱射する女装のシスター。以下略いろいろ。

基本的にギャグ漫画だけどストーリー性もそれなりに有り。
最終巻でいろいろ綺麗に纏まっててちょっと感心しました。
でも聖おにいさん読むと、この人の作品はストーリーない方がおもしろいのかも。

つーかコレ実写化されてたのね。
画像検索しようと思ったら実写のが出てきてビビったわ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする