【C】王道の狗【安彦良和 / 全08巻完結】

舞台は明治20年頃の北海道。
札幌から網走に向けて道を整備するために罪人が使われました。
そこから脱走した二人がアイヌな人と出会って一時身を寄せます。

でも和人との権力的なアレコレを見るにつけ、いろいろイヤに。
割とお偉いさんな柔術家のオッサンに弟子入りしたりなんだり。
最終的にはこの時代の政治と戦争の話になります。

そのせいか、主人公が何したいのかサッパリな物語でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする