ハイデルのデミ川の同じ場所で淡水カモメを発見しました【黒い砂漠Part2438】




真珠ボラ釣りなイベントの時の話ですね。
淡水カモメ(仮称)に遭遇することが出来ました。
その後もあの場所で放置してたんですが、後日また遭遇したのです。

前回の遭遇地点とほぼほぼ同じ場所に沸いてました。
でも完全同一かっつーと、微妙に場所ずれてます。
一応はランダムな模様。

前回は岸から遠かったので船で釣りましたが、今回は岸から試してみます。
結論からゆーと、無事岸から届きました。
釣れたのは前回同様にカガミゴイ。

淡水カモメの場合、海カモメよりもランダム変動範囲が狭いように思います。
一度淡水カモメ見つけたら、その場所にかかるように釣り糸垂れるのもアリかもです。
3~4回に1回は引っかかってくれそうな気がしました。

あ、ただし古代の結晶狙いの時はカモメ外した方がいいかもです。
土日以外はカモメから古代結晶出なかった気がする。
目的に応じて場所やら竿やら選択する必要がありそうです。

私のように称号狙いの人にとっては淡水カモメ探し、アリだと思います。




『ハイデルのデミ川の同じ場所で淡水カモメを発見しました【黒い砂漠Part2438】』へのコメント

  1. 名前:砂漠の名無しさん 投稿日:2019/05/12(日) 10:26:20 ID:933145bec

    タリフの少し下側も9~8割ぐらい似たような位置に出てくるので淡水は確かにかなり範囲が狭いのかも…?

  2. 名前:倉葉 投稿日:2019/05/12(日) 16:40:54 ID:43f1839eb

    一方で竿を放り込んだ時の釣りの当たり判定は結構大きいんですよね
    うまいこと放り投げれば放置釣りでも8割方淡水カモメ釣れそうに思いました
    まぁ釣れたとこで然程の意味はなさそうですけど