海洋アプデ後のベリア蜜釣り場の売り上げ変化チェック【黒い砂漠Part1042】

いつものベリアでの釣りの売り上げチェックです。
地味にジリジリと不味くなってるベリアですが、
今回は更なる修正があるのかどうか。

%e3%83%99%e3%83%aa%e3%82%a2%e8%9c%9c%e9%87%a3%e3%82%8a%e5%a0%b4%e3%81%ae%e5%a3%b2%e3%82%8a%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

ベリアでのインベMAX売りです。
シラカンは無し、相場は130%と127%。
青枠の相場は見てないのでわからんです。

魚の単価は150kくらいで、総売り上げは14M。
特に変化は無さそうですね。
次はラット港にもってって金額見てみますかー。

『海洋アプデ後のベリア蜜釣り場の売り上げ変化チェック【黒い砂漠Part1042】』へのコメント

  1. 名前:もりもり 投稿日:2016/11/29(火) 16:14:12 ID:d103247ad

    カエデ浮きなしで140匹ほど売って9mだったのですが(貿易名匠7)、浮きありとなしだと違いますか?以前シラカンが釣れやすい気がすると書かれた記事は読んだのですがウツボやイサキは180匹ほど釣って何匹ほどになるのか知りたいです!

  2. 名前:倉葉 投稿日:2016/11/29(火) 16:21:11 ID:bb2544f21

    浮きのアリとナシでの違いはわかりません
    それよりも価格差で一番響くのは魚の鮮度だと思います
    黄枠の魚の数はインベMAX釣ると1ページちょいなので70匹くらいですね

  3. 名前:もりもり 投稿日:2016/11/29(火) 16:45:59 ID:1f303e3f8

    分かりました。解答ありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。